代表挨拶
会社沿革
主要設備

HOME > 会社概要

■ 商 号/巴包装株式会社 代表取締役社長 佐々木 亮
■ 創 業/昭和45年7月21日
■ 設 立/昭和49年3月26日
■ 資本金/1,000万円
■ 主要取引銀行/静岡銀行 清水支店
● アイシア株式会社
● サンプリンスフーズ株式会社
● 駒越食品株式会社
● はごろもフーズ株式会社
● ヱスビー食品株式会社
● 丸善食品工業株式会社
● 株式会社ヱスビーサンキョーフーズ
● ニチフリ食品株式会社
● 株式会社エヌピーエフジャパン
● 鈴与株式会社
● デビフペット株式会社 他
         (順不同 敬称略)
■ 本   社
  〒424-0943 静岡市清水区港町2-3-1
  TEL.054-353-2322 FAX.054-353-2323

■ 本社事業所
  〒424-0943 静岡市清水区港町2-3-12
  TEL.054-353-2322 FAX.054-353-2323

■ 袖師事業所
  〒424-0037 静岡県静岡市清水区袖師町575-8
  TEL.054-365-2221 FAX.054-364-6713

■ 食品事業所
  〒424-0036 静岡県静岡市清水区横砂西町7-18
  TEL.054-367-7887 FAX.054-367-7888

■ 焼津事業所
  〒425-0066 静岡県焼津市大島742
  はごろもフーズ(株)焼津プラント内

1970年 巴包装として創業
1974年 社名を有限会社巴包装に改称
1981年 はごろもフーズ(株)向け缶詰シュリンク包装開始
1986年 手作業による缶詰の打検、キャップ掛け包装開始
アルミ缶用シュリングラベル及びクラスターパック包装開始
1987年 自動シュリンク包装機(1号機)導入
1988年 アルミ缶用シールオートキャッパー導入
缶詰用キャッパーライン設置
1989年 本社、本社工場を清水市袖師町に移転
ビン詰め用シュリンクラベルテスト包装開始
1990年 三洋食品(株)製造レトルトパウチ検品作業開始
ビン詰め用シュリンクラベル包装機導入
L型シーラー自動包装機導入
自動シュリンク包装機(2号機)導入
本社輸入部にウエイトチェッカー導入
1992年 横砂工場を改装し、パスタ結束包装開始
1993年 社名を巴包装株式会社に改称
1996年 クラスターパック自動包装機導入
1998年 はごろもフーズ(株)焼津プラント内にて缶詰自動シュリンク包装開始
1999年 インクジェットプリンター導入
オールアルミ缶自動シュリンク包装開始
本社輸入部にウエイトチェッカー導入
はごろもフーズ(株)焼津プラント内X線検査ラインにて検査開始
自動シュリンク包装機(3号機)導入
簡易小箱封函機導入
2000年 はごろもフーズ(株)パスタプラント内にてパスタ結束包装開始
全ラインに自動製函機導入
異形缶の集積包装装置 特許取得
2001年 全ラインにウエイトチェッカー導入
X線異物検査装置導入
ISO9002認証取得
インクジェットプリンター導入
2002年 簡易ボトルラベラー導入
エンドレスシーラー導入
2003年 ISO9001(2000年版)認証取得
新工場として本社第2工場を稼働
自動シュリンク包装機(4号機)導入
2005年 X線検査部がISO9001の認証取得
2006年 ギフトセンター稼動
2007年 本社第二工場内を一部改修し、保健所より
「麺類製造」の営業許可を取得
2009年 自動計量機導入
充填包装機導入
2010年 X線異物検査装置(2号機)導入
2011年 X線異物検査装置(3号機)導入
10月  本社を静岡市清水区港町に移転


■ 設 備 名

  自動シュリンク包装機
  クラスターパック自動包装機
  レベルマシン
  横ピロー包装機
  充てん包装機
  化粧箱封緘機
  コンピュータースケール
■ 台   数

2台
1台
1台
2台
2台
2台
3台

■ 設 備 名

  X線異物検査装置
  バキュームチェッカー
  ウェイトチェッカー
  金属検出機指示機
  オートチェッカー
■ 台   数

2台
7台
8台
2台
2台